ザイザルは
副作用が優しい。
ザイザルでアレルギー症状を緩和してみませんか?

たくさんある、花粉症対策グッズ

花粉症に悩まされる方は非常に多く、ドラッグストアなどではたくさんの花粉症対策グッズが販売されています。
最もよく使われているのがマスクですが、マスクにも様々なものがあり花粉症の症状の度合いを左右すると言っても過言ではありません。
数あるマスクの中でもおすすめなのが「花粉を水に変えるマスク」と「ピッタリッチ」、「ダチョウ力」です。

花粉を水に変えるマスクはハイドロ銀チタンマスクというもので、花粉を分解して水に変えるクリーン技術が使われています。
1000もの病院の空気清浄機にも使われている技術とのことなので信頼できると言えます。
このマスクは4層構造で、不織布と高密度フィルターの間にハイドロ銀チタンを配合したマスクを挟んでいて花粉を水分子に変えてくれます。
ドラッグストアやネット通販で購入できます。

次にピッタリッチですが、このマスクはオーダーメイドのマスクで、自分の口元にぴったりのものが作れます。
花粉などはほっぺたの隙間から入りやすいとのことで、ピッタリッチはその隙間を埋めることができます。
特殊構造の高機能フィルターが採用されていて、第三者機関でその性能についての検証も行われています。
ピッタリッチにはティアラという女性向けの可愛いものも出ていますので、お洒落に花粉を防御することができます。

また、ダチョウ力はダチョウの卵から抽出した抗体を用いたフィルターを使ったマスクです。
花粉などと瞬時に結合してカットする効果があります。
花粉捕集効率試験で99%の花粉粒子を遮断することがわかっています。
花粉以外にも様々なインフルエンザに対して選択的に結合するIgy抗体が敷き詰められていて、その数100兆個以上という高機能マスクです。

花粉症対策グッズは他にもあり、顔に直接吹き付けてマスクと同じ様な効果が得られるスプレーがあります。
顔に直接スプレーするタイプで人気なのは「イハダアレルスクリーン」という商品で、目元や鼻への付着を防ぎます。
花粉を寄せ付けない効果を持つブロック成分が従来品より20%増量されています。
花粉を反発したり吸着する防止成分は資生堂特許技術の成分です。
イハダアレルスクリーンはメイクの上からも使用可能で、パラベンフリーとなっています。

鼻に入ってしまった花粉を物理的に取り除く方法では、「ハナノア」が良いです。
ハナノアは鼻うがいの洗浄液の中でも有名です。
鼻の奥までしっかり洗い流せますし、鼻がしみてツンとする痛みもありません。
簡単に鼻うがいができるので、使用後は嘘のように鼻の不快な症状が消えることもあります。
やや原始的な方法ですが、非常に効果を実感できる方法です。

症状別、花粉症対策グッズの選び方

花粉症対策グッズはどれでもたくさん買い込めば良いというわけではなく、自分の症状に合わせて選ぶことが大切です。
症状だけでなく、仕事などの生活環境にも適応するグッズを選ぶとなお良いです。
花粉症の辛い症状を緩和する医薬品のみを選択するのも良いですが、症状の度合いや飲むタイミングによっては十分な効果が発揮されないこともあります。
そのような場合にも花粉症対策グッズのサポートは非常に役立ちます。

緩和したい症状として多い、鼻のムズムズ感や鼻水、くしゃみがひどい場合は、ハナノアやマスク、スプレーがおすすめです。
ハナノアなどで一度鼻や喉の粘膜を洗ってリセットした状態で、花粉防御力が強化された花粉を水に変えるマスクやピッタリッチ、ダチョウ力などで徹底的に花粉を体内に入れないようにします。
接客業などでマスクを使いにくい方は、イハダアレルスクリーンなどのスプレーが有効です。

鼻や喉の粘膜をリセットするためにハナノアを使う意味はとても大きく、既に鼻に入っている花粉アレルゲンを残したまま高機能マスクをしても、体はその花粉に反応するため鼻の不快な症状はあまり治まらないと考えられます。
朝起きた時のモーニングアタックをきっかけに鼻の症状が続く方もいますので、寝起きにハナノアを使って夜のうちに吸い込んだ花粉をまず洗い流してからマスクをつけるようにするのも良い方法です。

マスクは鼻や喉の辛い症状を抑えますが、目への花粉は防御できません。
このような場合はスプレーがおすすめです。
スプレーであれば顔全体をコートして守るので、目の症状の緩和が期待できます。
不織布のマスクと併用するとダブルでブロックできるのでより効果的です。
目の花粉が鼻にも影響するといった方もいますので、目への侵入を防ぐことが鼻の症状を抑えることにもつながります。