ザイザルは
副作用が優しい。
ザイザルでアレルギー症状を緩和してみませんか?

クラリチンの主成分「ロラタジン」

クラリチンとはアレルギーの症状を働きを抑える効果を持つ薬です。
そのクラリチンの主成分となっているのがロラタジンであり、アレルギーの発症を抑制します。
アレルギーが発症する際にはヒスタミンという体内の物質が関係しています。
ロラタジンにはヒスタミンの受容体をブロックする働きを持っており、ヒスタミンが動きを抑制することでアレルギーの緩和をすることが出来ます。
アレルギーに対する直接的な治療となるわけではありませんが、症状に対しては大きな効果を発揮します。

クラリチンを使用する大きな目的として花粉症の症状緩和が挙げられます。
花粉症は体内に花粉が入ってくることに対する過剰なアレルギー反応によって発生します。
昨今では花粉症に対する様々な治療法が行われていますが、完治させることは難しいとされています。
そこでこのクラリチンのような抗アレルギー薬を飲むことが有効となります。
花粉症における目のかゆみ、鼻水、喉の痛みなどに効果を発揮することが期待できます。

しかし、眠くなったり、口が渇いたりといった副作用が起こることがあります。
これらの副作用に関しては個人差が大きく、眠くならなかったり、逆に強い眠気に襲われたりするケースも存在します。
自分がクラリチンを服用した際にどのような状態になるかを知っておけば安心して使用しやすくなります。

花粉症以外にもじんましん、皮膚疾患などに効果を発揮するとされています。
皮膚疾患になるとかゆみが発生し、ついかきむしってしまう方がおられます。
かくことによって症状を悪化させてしまうこともあるので、この薬を服用してかゆみを抑えることは有効といえます。
他の薬を使用している場合はクラリチンが使用できない可能性があります。
そのため、医師には現在使用している薬があればその旨を伝えておくようにしましょう。
服用を始めてからも大きな症状が現れた際には医師に相談し、どの薬が合うのかを探っていくことが重要と言えます。

クラリチンの主成分、ロラタジンの副作用

クラリチンの主成分であるロタラジンの副作用としては眠気や倦怠感、腹痛などがあるとされています。
これらの症状は服用した全ての方に発症するということではなく、体調などの影響も受けます。
他にも口の渇きや吐き気、嘔吐、発疹、便秘などが報告されています。
副作用が起こることは主作用が出ている裏返しでもありますが、これらの症状が酷い場合は医師に相談する必要があります。
ごくまれに起こる副作用としてまぶたや唇の腫れが挙げられます。
このような症状が出た場合はアナフィラキシーショックの可能性があるので医師へとすぐに相談しましょう。
服用後に倦怠感や食欲不振、皮膚や白目が黄色くなるといった症状が現れた場合もこの薬の副作用である可能性が高いです。

クラリチンは成人の場合、1日1回食後に服用するというケースが多くなっています。
誤って1日に2回以上の服用をしてしまうと副作用も大きくなることが予想されます。
あくまで用法と用量を守って摂取する必要があります。
もし、間違えて一度に2回分を飲んでしまった際には医師に相談することをおすすめします。

持病のある方の場合はこれら以外の副作用が出ることも予想されます。
医師には自分の持病について伝えておき、そのことを踏まえた処方を受けるようにしましょう。

授乳中の方はこの薬を飲まない方が良いとされています。

飲み忘れた時はすぐに飲んでも問題はありませんが、次に飲む時間が近い時には飛ばす必要があります。
服用の間隔が短くならないように注意しておくことが飲むときのポイントと言えます。

クラリチンでなくてもロラタジンを含む薬は存在します。
そういった薬を飲む際にもクラリチンを飲んだ時と似た副作用が現れる可能性があります。
値段は一錠に付き200円ほどですが、お店によって値段が変わることも多いです。