ザイザルは
副作用が優しい。
ザイザルでアレルギー症状を緩和してみませんか?

ジルテックの主成分であるセチリジン塩酸塩の特徴

ジルテックの主成分セチリジン塩酸塩は花粉やハウスダストといったアレルゲンの刺激によってマスト細胞から放出されたヒスタミンが受容体と結合してアレルギー症状を引き起こす前にブロックし、クシャミや鼻炎、かゆみなどが起こるのを抑えます。
ジルテックはこれまで抗アレルギー薬の服用によって生じやすかった眠気や口の渇きなどが極力抑えられた第2世代抗ヒスタミン薬という比較的新しいタイプの薬で、1日1回の服用で24時間効果が持続する点でも重宝されています。

服用後の眠気や口の渇きなどが起こりにくいジルテックは、そういった副作用が問題視されていた第1世代抗ヒスタミン薬を改良して生み出された第2世代抗ヒスタミン薬です。
ジルテックの主成分のセチリジン塩酸塩は眠気をもたらすような余計な作用を起こしにくく、ヒスタミンだけに集中して作用する効能を持っており、副作用を低減させつつ優れた抗アレルギー効果を発揮します。
セチリジン塩酸塩は抗ヒスタミン作用だけではなく、プロスタグランジンD2やロイコトリエンなどヒスタミンとは別のアレルギー症状を引き起こす物質が生成されるのを抑える効能も持つとされ、花粉症などのアレルギー対策にとって心強い薬となっています。

ジルテックはアレルギー症状をきっかけに生じる鼻炎などの諸症状の悪化をくい止めることにも役立ち、特に白血球の一種である好酸球が浸潤してアレルギー症状を悪化させるのを抑制する抗好酸球作用ももたらします。
好酸球は顆粒から化学物質を放出してアレルゲン等を攻撃しますが、その際に分泌される物質の影響で周囲の組織を傷つけてアレルギー症状そのものを悪化させる原因になることがあります。
ジルテックのセチリジン塩酸塩は好酸球の作用を抑えて症状の悪化を防ぎ、花粉症などのつらさを和らげることに役立つことから人気が高く、処方薬のみならず市販薬にも配合されるようになっており、ジェネリック医薬品として多くの製薬メーカーからも販売されています。

セチリジン塩酸塩が成分のジルテックの副作用

抗アレルギー薬として優れた効能を持つセチリジン塩酸塩が主成分のジルテックは、服用後の眠気や口の渇きなどの症状が起こりにくい第2世代抗ヒスタミン薬に属していますが、副作用とまったく無縁という訳ではなく、ほかの薬との飲み合わせなどに注意し用法用量を守って正しく服用する必要があります。
ジルテックは成人の場合10mgを1日1回、就寝前に服用しますが、症状によって適宜増減し最高服用量は1日20mgとされます。
就寝前の服用によって眠気の副作用が出た場合も影響を受けにくくなりますが、翌朝に眠気や倦怠感が出ることあり、深刻な場合は医師に相談することが大事です。

ジルテックの副作用に関して特に注意しなくてはならないのは重度の腎障害の人で、ジルテックの血中濃度が上昇し過ぎてしまう恐れがあるため副作用が生じやすくなることから、使用を避けたほうが良いとされます。
高齢の人やてんかんや肝臓病の治療を受けている人もジルテックの服用には注意が必要とされており、小児の場合も用心すべきで7歳未満の場合はドライシロップで服用します。
飲み合わせの悪い薬は比較的少なめですが睡眠薬や抗不安薬といった脳の神経を鎮める薬との併用は眠気やふらつきなどの副作用を生じやすくし、アルコールの摂取でも眠気が起こりやすくなるため服用後の飲酒は可能な限り控えるべきとされます。

副作用が少ない第2世代抗ヒスタミン薬のジルテックとは言え眠気が全く生じないわけではなく、服用後は車の運転や高所での作業、危険な機械の操作などは避けたほうが安全とされ、職業によっては服用をやめておくほうが無難です。
妊娠中や授乳中の人もジルテックの服用には慎重になるべきで、妊娠中の人は胎盤を通じてジルテックの成分が胎児に影響を及ぼすこともあるとされます。
アレルギー症状を効果的に緩和するジルテックですが、中にはセチリジン塩酸塩に対してアレルギー反応が出てしまうケースもあるとされ、その際は医師に相談して最適な治療薬を処方してもらうことになります。