ザイザルは
副作用が優しい。
ザイザルでアレルギー症状を緩和してみませんか?

花粉症によるアレルギーは日本だけなのか

世界地図と緑

毎年春先になると、日本では多くの人が花粉症に悩まされます。
国民の25%が花粉症とも言われていて、多くの人が目のかゆみや鼻水などの症状がでます。
スギ花粉が有名ですが、ヒノキやカエデなど多くの種類の花粉がアレルギー反応を引き起こすでしょう。

ニュースでも取り上げられるほどの国民病なので、花粉症は日本だけなのではないかと思っている人も多いです。
中には春先になると海外に行って花粉症から逃れるという人もいるほどです。
しかし、本当に花粉症は日本でしか起こらないのでしょうか。

その答えを知るためには、花粉症のメカニズムを知らなければいけません。
花粉というのは1年のうちでも飛ぶ時期というのがあります。
この時期は花粉により異なりますが、常に何かの種類の花粉が飛んでいる状態です。

花粉症はアレルギー反応の一種です。
花粉など体内に異物が入ると、免疫反応といって異物を排除しようとする仕組みが働きます。
花粉が体の中から出ていくように、くしゃみで飛ばしたり、鼻水や涙で排出しようとする仕組みです。
アレルギー体質の人がなりやすく、発症するまでの期間も個人によって異なります。

アレルギー反応ですので、日本人だけがかかるというわけではありません。
海外に住んでいる人でも発症することもあります。
ただ、個人により花粉の許容量は異なり、地域によって生えている木が変わります。
スギが生えていない沖縄では花粉症の患者さんが少ないというデーターもあり、国内でも花粉から逃げることは可能です。
北海道もスギが生えている地域は限られています。

このように、花粉症は日本だけで起きる病気ではなく、国内によっても地域差があることが分かりました。
日本人でも外国人でも花粉症になる可能性はありますし、症状も様々です。
アレルギー反応なので、目のかゆみや鼻水、くしゃみなど同じ花粉症でも症状が変わってくるだけでなく、反応する花粉の種類も人によって変わってきます。

海外の花粉症アレルギー事情とは

海外に行けば花粉症は少ないと思われていますが、実は世界的に増えている傾向にあります。
ただ、反応している花粉の種類が異なるというのが特徴です。
日本では多くの人がスギに悩んでいますが、これは日本ではスギが建築用材として重宝され、植え続けられていたためです。
スギは樹齢30年頃から花粉を出すようになり、そのご20年ほど花粉を出し続けます。
そのため、植林された当時は花粉症はなく、後になってから発症することになりました。

しかし、海外ではスギ以外の花粉に悩む人が増えています。
アメリカでは毎年5800万人が花粉症に悩まされていて、春は花粉症の時期だと認識されているそうです。
けれども、反応している花粉はオークやブナなど日本とは異なります。

外国人は自分の住んでいる国で花粉症を発症するということもあり、アメリカの場合は国民の30%がかかっているとも言われています。
また、アレルギーというのはいつ発症するのかは誰にも分かりません。
日本にやってきてから花粉症デビューしてしまうという外国人もたくさんいるのが実情です。
その場合、反応するのはスギ花粉で、スギの少ない国に行くとデビューしてからも症状が改善するということが多いです。

このように、海外でも花粉症に悩んでいる人はたくさんいます。
ただ、反応している花粉はカエデやオリーブなどその地域に自生している木になり、種類が違うと言う特徴があります。
日本にきてから花粉症を発症してしまう外国人の場合は、スギに反応することが多く、症状は目のかゆみや鼻水など同様です。
アレルギーというのは本来体を守るための免疫によるものです。
過剰に反応してしまい、花粉という異物を排除するための仕組みで発症します。