ザイザルは
副作用が優しい。
ザイザルでアレルギー症状を緩和してみませんか?

赤ちゃんでも服用可能なザイザルシロップ

赤ちゃん

ザイザルシロップはアレルギー反応を抑える抗ヒスタミン薬であり、花粉症などのアレルギー症状に対して効果を発揮します。
2010年に認可された比較的新しい薬ですが、眠気や喉の渇きといった副作用が出にくいという特徴があります。
もちろん副作用が出にくくても効果についてはきちんと期待できます。

ザイザルシロップは甘みがありますし、臭いなども気にならないので子供でも飲みやすいとされています。
原液をスポイトで口に含ませて使用することもありますが、甘すぎて飲みにくい場合は水などに混ぜて飲んでも良いでしょう。
ザイザルシロップは6か月以上の赤ちゃん(乳児)も使用することができます。
しかし、赤ちゃんに薬を飲ませる場合はドクターの指示にしっかり従うことが大切です。

家に使わない薬があっても自己判断で赤ちゃんに使用するのはやめましょう。
ザイザルシロップは錠剤が苦手な子供や嚥下障害がある人にもおすすめの薬です。
錠剤を処方されたけどシロップ剤が良いという場合、ドクターに相談してみましょう。

ザイザルシロップは鼻炎や蕁麻疹、皮膚疾患などに効果を発揮する薬です。
なぜこのような症状に効果があるのかということですが、ザイザルシロップはアレルギーを起こすヒスタミンという物質の受容体に結合するためです。
結果としてヒスタミンの作用が阻害されるため、辛いアレルギー症状が緩和されるということです。

ザイザルシロップは比較的高い効果が期待できると言われています。
服用して1時間程度で効果が出始め、その効果は1日以上持続するということです。
ザイザルシロップは風邪における鼻炎症状にも効果があると考えられています。
ザイザルシロップと同じ抗ヒスタミン薬にはくしゃみや鼻水に対して効果がありますし、実際にこの薬が使用されることも多いです。

ザイザルシロップは咳に対しても効果が期待できることがあります。
咳の原因がアレルギーによるものなら、抗アレルギー作用のあるザイザルシロップで改善できることがあるでしょう。
風邪による咳に対しては効果が期待できません。

ザイザルシロップを赤ちゃんが服用した場合の副作用

ザイザルシロップは成人の場合、1回10mlを1日1回使用することになります。
年齢や症状によって異なりますが、最大20ml使用することもあります。
ザイザルシロップは6か月以上の赤ちゃん(乳児)でも使用できますが、成人とは用法用量が異なっています。
赤ちゃんの場合は2.5mlを1日1回使用することになります。

錠剤などと違って用量を自身で測る必要があるため、飲ませる前にきちんと確認しましょう。
2.5mlは測ることが難しいですが、薬局で調整してくれることもあります。
1回に指示された用量を確認してから使用することが大切です。

服用する時間帯は特に決まっていません。
ドクターから支持があった場合はそれに従いましょう。
指示がない場合は好きなタイミングで服用すれば良いということですが、効果が切れないように毎日同じ時間帯に服用することが重要です。
また、同じ時間帯に服用すれば飲み忘れも防ぐことができます。

ザイザルシロップは赤ちゃんが飲んでも比較的副作用が少ないとされていますが、用法用量をしっかり守ることが大切です。
国内で行われた臨床試験では副作用はほとんど出なかったということです。
ザイザルシロップは効果が高くて副作用が出にくい薬ですが、場合によっては眠気などの症状が出てしまうこともあります。

眠気の頻度は1%程度であり、あまり心配しなく良いでしょう。
就寝前に飲んだ場合は眠気が出ても特に問題ありませんし、気になる場合は就寝前に飲ませるにしましょう。
アレルギーの症状が比較的重い場合、ステロイドを使用することもあります。
ザイザルシロップはステロイドとの飲み合わせは特に問題ありません。
この2つを処方された場合でも安心して使用することができます。