ザイザルは
副作用が優しい。
ザイザルでアレルギー症状を緩和してみませんか?

ザイザル(レボセチリジン)は、比較的新しい薬剤で、主に花粉症などのアレルギー治療に用いられています。
錠剤とシロップタイプがあり、シロップタイプの薬剤は生後6カ月から服用することができます。
アレルギー症状を改善する薬剤は数種類ありますが、抗ヒスタミン剤の副作用の一つである眠気が少ないことで知られています。
ここでは、効果と持続時間や花粉症以外のアレルギー症状への効果など、優秀な抗アレルギー薬とされるザイザルについて、詳しく解説します。

ザイザルの効果と持続時間

ザイザルは花粉症に対しては中程度の強さを持つ薬剤です。
抗ヒスタミン剤の中では第2世代に分類されていて、アレルギー症状の原因となるヒスタミンの働きを抑制してくれます。
そのため、植物の花粉が原因となり春先に発症する人が多い「季節性アレルギー性鼻炎」にも、ほこりやハウスダストなどが原因になる「通年性アレルギー性鼻炎」にも効果を発揮します。

ザイザルは比較的、効果が早くあらわれてほぼ1日効果が持続します。
具体的には服用して約1時間後には効果を感じる人が多いことが分かっています。
ザイザルの添付文書に掲載されている血中での濃度データによると、約1時間後には最も高い濃度に達することが示されています。
このデータからも服用1時間後には効果の発揮が期待できます。

さらに、効果の持続時間に関しても同じように血中濃度のデータを見ると、服用24時間後でもある程度の濃度を維持しています。
実際の調査でも同様の回答が出ており、1日1回の服用で十分に効果を感じ続けることが可能です。
これはほかの抗ヒスタミン薬と比べても長く、ザイザルは即効性も持続性も兼ね備えた薬剤だと言えます。

ザイザルの効果を最大限に生かすためには、毎日決まった時間に服用することが大切です。
具体的には就寝前に大人の場合は5mgの錠剤を1錠、経口服用してください。
なお、7歳以上15歳未満の場合は、2.5mgの錠剤を1日2回に分けて経口服用します。
就寝前に服用するのは、効果を発揮するまでに約1時間かかるので、起きている間は効果を感じ続けることができる可能性が高くなるからです。
また、毎日同じ時間に服用することで、効果が一時的にでも切れてしまうことを避けることができます。

ザイザルはアレルギー性の湿疹の薬としても使える

顔の湿疹を手鏡でチェックしている女性

ザイザルは、花粉症の症状を緩和するだけではなく、蕁麻疹等のアレルギー性の肌湿疹などにも効果を発揮します。
蕁麻疹もヒスタミンの分泌が原因となるため、抗ヒスタミン薬が有効です。
蕁麻疹のほかには、皮膚炎や湿疹、痒疹、皮膚そう痒疹、アトピー性皮膚炎などにも効果が確認されています。
湿疹や皮膚炎には66%、慢性蕁麻疹には77%の有効性があります。
とくに蕁麻疹への有効性は高く、激しい蕁麻疹にも効果を発揮します。
食べ物や薬剤、発汗などが原因となる急性蕁麻疹のほか、原因が分かりづらいとされている慢性蕁麻疹にも有効です。

効果を感じ始める時間や持続時間に関しても、花粉症の場合と変わらず、服用後1時間から1時間半で症状が緩和され、24時間後まで効果が持続するというデータがあります。
最大で32時間、皮膚の赤みなどを抑えることができたという回答もありました。
もちろん、皮膚の症状だけではなく、痒みに対しても効果があり、ザイザルを服用すると痒みも緩和できます。
蕁麻疹はもともと強い痒みを伴う症状ですが、体温が上がると痒みがさらにひどくなることが多く、睡眠を妨げるほどの痒みを感じることもあります。
その点、ザイザルを就寝前に服用することで皮膚の症状とともに痒みも緩和することができるので、睡眠を邪魔することもありません。
慢性化している蕁麻疹やアトピー性皮膚炎などの場合は、就寝中に痒みが出ると無意識に掻きむしってしまいさらに症状を悪化させてしまうことがあります。
子どもなどの場合は、睡眠中の痒みを我慢することは難しく、不眠によるストレスも大きくなりがちです。
ですが、即効性が高く持続時間も長いザイザルなら、こうしたことも避けることができるでしょう。

抗ヒスタミン薬の副作用の特徴である眠気が少ない

PCを触りながら眠気に耐えている女性

ザイザルは、強力な抗ヒスタミン剤であるジルテックが改良されて作られました。
ザイザルの主成分がレボセチリジン塩酸塩なのに対し、ジルテックはセチリジン塩酸塩が主成分です。
名称を見れば分かるように、この二つの物質は実は同じものです。
セチリジンには鏡像関係にあるR体とS体と呼ばれる二つの物質があり、実際にアレルギーに効果を発揮するのはR体だということが判明し、R体だけの方が作用の持続時間が長くなったり、眠気などの副作用も少なくなることが分かりました。
そこで、R体だけを取り出し、開発されたのがザイザルのレポセチリジン塩酸塩です。

ジルテックもアレルギーに対して大きな効果を発揮しますが、副作用の眠気に関しては不便に感じている患者が多いのが難点でした。
薬剤の副作用による眠気は我慢できる人もいますが、人によってはかなり強くあらわれる場合もあり、仕事中に我慢できないほどの眠気が出てしまう場合は服用を避ける必要があります。
その点を改善するために作られたのがザイザルです。

抗アレルギー薬は脳内のヒスタミン受容体にも作用するために眠気などの副作用が発生しますが、R体とS体では脳内への移行にも差があり、R体の方が眠気が少なくなります。
このため、ザイザルはジルテックやほかの抗ヒスタミン薬よりも眠気を感じる人が少ないとされているのです。
ただし、全くそうした副作用が出ないのかというとそういうことではありません。
比較的、眠気を感じづらいということだけで、実際には眠気を感じる場合もありますし、人によっては強く眠気が出ることもありますので、ザイザルを服用したあとは、自動車の運転や危険を伴うような作業は行わないようにしましょう。

ザイザルの副作用で注意すべきアナフィラキシー

ザイザルは錠剤のほか、シロップタイプがあり、シロップタイプの場合は生後6カ月から服用できるほど安全性の高い薬剤です。
また、上記にもあるように抗ヒスタミン薬の特徴でもある眠気が出にくいので、花粉症や蕁麻疹などで苦しんでいる人にはおすすめできる薬の一つです。
しかし、薬剤である以上、副作用がまったくないわけではありません。

抗ヒスタミン薬の副作用の特徴である眠気・倦怠感、口渇・食欲不振などのほか、肝臓への影響や頭痛・めまい、胃の不快感・下痢や軟便、消化不良・嘔吐、動機や血圧上昇などの精神神経系や消化器系への副作用が稀に出る可能性があります。
こうした症状は一時的なもののことが多く、数日で改善することが考えられます。
もし、何日も続くようならザイザルの服用をすぐに中止し、医療機関を受診してください。

注意しなくてはいけないのは、不眠や抑うつ、幻覚、視覚障害や眼球回転発作、排尿困難や脱毛・関節痛などが起きた場合です。
こうした症状が明らかにザイザル服用後に起きた場合には即座に服用を中止しましょう。
さらに、重篤なものとして挙げられているのが、アナフィラキシーや痙攣、血小板減少などの症状です。
発生する確率はかなり低いと考えられますが、こうした症状を発症した例もあります。
とくにアナフィラキシーなどは早急の手当てが必要となり、放置すると命にも関わります。
もし服用後に体への変化を感じた場合には、必ず医師に相談してください。

また、ザイザルとアルコールを一緒に飲むことで、中枢神経抑制作用が高まる可能性があります。
そうすると普段は出ない危険な副作用が出ることもありますので、ザイザル服用中は飲酒を避けるようにしてください。

なお、他に服用している薬剤がある場合、ザイザルを服用するときには、必ず医師や薬剤師に同時服用が可能かを確認しましょう。
とくにテオフィリンやリトナビル、ほかの中枢神経抑制剤を服用している場合には注意が必要です。